HOME >> 癒しフェアTOKYO
instagram

出演者情報

山本竜隆

山本竜隆

“自然欠乏症候群”の処方箋を提供
アジア初、ワイルの統合医療修了医師

医師・医学博士、富士山静養園園主

やまもと たつたか

 

聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。
米国アリゾナ大学医学部統合医療(Integrative medicine)Associate Fellow(2000年~2002年)修了。
タニクリニック副院長(東京・日比谷)、聖マリアンナ医科大学予防医学助手、統合医療ビレッジ総院長(東京・四谷)、中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・統括産業医などを経て現職。富士山麓のレイライン上にリトリートを開設。

 

【役職ほか】
昭和大学医学部非常勤講師 聖マリアンナ医科大学非常勤講師
日本東方医療振興財団理事、日本東方医学会学術委員・中医専門医
日本人間ドック学会認定専門医、日本医師会認定産業医
日本統合医療学会指導医・評議員
日本ホリスティック医学協会理事、日本メディカルハーブ協会理事
日本東洋医学会認定専門医、日本ホメオパシー医学会理事・認定医

 

【著書(共著含む)・監修など】
「統合医療のすすめ」(東京堂出版)
「イタリアンテルメ」(エルゼビア・ジャパン)
「統合医療運営マニュアル」(現代企画)
「ホリスティック家庭の医学療法」(ガイアブックス)
「365日のアロマレシピ」(永岡書店)
「統合医療理論と実践」(日本統合医療学会)
「統合医療とは何か?が、わかる本」(ほんの木)
「自然欠乏症候群」ワニブックス
「食べもので”体の不調”を治す本」 アスコム
「スピリチュアリティと医療・健康」ビイング・ネット・プレスなど多数

 

①今やっていること
アリゾナ大学医学部統合医療プログラムのアソシエイトフェローをアジアで最初に修了し、日本人に適した養生や癒しを探求してきました。その結果、富士山麓 の20000坪の湧水や自然林に恵まれた敷地にて、滞在・体感型施設「富士山静養園」を構築するに至りました。麓で滞行う滞在プログラムの共同企画も進め ていますのでお声かけください。また富士山静養園と並行して、オーソドックスな地域医療も行っています。このエリアの価値創造、ブランディングも目指して いきます。

 

②富士山静養園の設立経緯
健康的に過ごすには? 人が癒されるとは?
医師として、一個人として、その答えは、自然環境、そして自分を見つめる環境でした。
良い水、良い食、良い空気があり、そして自分自身を見つめなおす時間と空間、さらに自然に生かされているという立場を認識してこそ、人は癒され、健康を維持できるのではないかと思うからです。
国内外のみなさまに、霊峰富士山と長閑な日本の里山、湧水に囲まれた環境でのひと時と、日本そして、この地域ならではの食を通して、そのような気づきや体感をしていただければと願っています。

 

③統合医療的にマイヒーリングをつくる
さて、自分に合った癒しの手段、あなたはいくつお持ちですか?
様々なセラピーやセラピスト、施術家、人によっては趣味、健康食品など、そして“場”があると思います。自分に合った癒しの手段・方法を多角的に持つことで、オーダーメイドの癒し、コーディネイトされたな養生法を構築することができると思います。
また近年になって指摘されている「自然欠乏症候群」への処方箋は、自然の中で過ごし、自然と調和し、自分を見つめなおすこととも言われています。
日常できること、スポットでできるリセット方法をご提案・ご紹介していきます。

 

富士山静養園
http://mt.fuji-seiyoen.com

 

朝霧高原診療所
http://www.asagiri-kogen-clinic.com/

医師・医学博士、富士山静養園園主・ 山本竜隆先生「癒しフェア2017 in TOKYO」出演決定しました!!

【無料講演】詳細が決定次第公開致します。

 

一覧を見る

ゲスト

山本竜隆

山本竜隆

“自然欠乏症候群”の処方箋を提供
アジア初、ワイルの統合医療修了医師

医師・医学博士、富士山静養園園主

やまもと たつたか

 

聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。
米国アリゾナ大学医学部統合医療(Integrative medicine)Associate Fellow(2000年~2002年)修了。
タニクリニック副院長(東京・日比谷)、聖マリアンナ医科大学予防医学助手、統合医療ビレッジ総院長(東京・四谷)、中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・統括産業医などを経て現職。富士山麓のレイライン上にリトリートを開設。

 

【役職ほか】
昭和大学医学部非常勤講師 聖マリアンナ医科大学非常勤講師
日本東方医療振興財団理事、日本東方医学会学術委員・中医専門医
日本人間ドック学会認定専門医、日本医師会認定産業医
日本統合医療学会指導医・評議員
日本ホリスティック医学協会理事、日本メディカルハーブ協会理事
日本東洋医学会認定専門医、日本ホメオパシー医学会理事・認定医

 

【著書(共著含む)・監修など】
「統合医療のすすめ」(東京堂出版)
「イタリアンテルメ」(エルゼビア・ジャパン)
「統合医療運営マニュアル」(現代企画)
「ホリスティック家庭の医学療法」(ガイアブックス)
「365日のアロマレシピ」(永岡書店)
「統合医療理論と実践」(日本統合医療学会)
「統合医療とは何か?が、わかる本」(ほんの木)
「自然欠乏症候群」ワニブックス
「食べもので”体の不調”を治す本」 アスコム
「スピリチュアリティと医療・健康」ビイング・ネット・プレスなど多数

 

①今やっていること
アリゾナ大学医学部統合医療プログラムのアソシエイトフェローをアジアで最初に修了し、日本人に適した養生や癒しを探求してきました。その結果、富士山麓 の20000坪の湧水や自然林に恵まれた敷地にて、滞在・体感型施設「富士山静養園」を構築するに至りました。麓で滞行う滞在プログラムの共同企画も進め ていますのでお声かけください。また富士山静養園と並行して、オーソドックスな地域医療も行っています。このエリアの価値創造、ブランディングも目指して いきます。

 

②富士山静養園の設立経緯
健康的に過ごすには? 人が癒されるとは?
医師として、一個人として、その答えは、自然環境、そして自分を見つめる環境でした。
良い水、良い食、良い空気があり、そして自分自身を見つめなおす時間と空間、さらに自然に生かされているという立場を認識してこそ、人は癒され、健康を維持できるのではないかと思うからです。
国内外のみなさまに、霊峰富士山と長閑な日本の里山、湧水に囲まれた環境でのひと時と、日本そして、この地域ならではの食を通して、そのような気づきや体感をしていただければと願っています。

 

③統合医療的にマイヒーリングをつくる
さて、自分に合った癒しの手段、あなたはいくつお持ちですか?
様々なセラピーやセラピスト、施術家、人によっては趣味、健康食品など、そして“場”があると思います。自分に合った癒しの手段・方法を多角的に持つことで、オーダーメイドの癒し、コーディネイトされたな養生法を構築することができると思います。
また近年になって指摘されている「自然欠乏症候群」への処方箋は、自然の中で過ごし、自然と調和し、自分を見つめなおすこととも言われています。
日常できること、スポットでできるリセット方法をご提案・ご紹介していきます。

 

富士山静養園
http://mt.fuji-seiyoen.com

 

朝霧高原診療所
http://www.asagiri-kogen-clinic.com/

医師・医学博士、富士山静養園園主・ 山本竜隆先生「癒しフェア2017 in TOKYO」出演決定しました!!

【無料講演】詳細が決定次第公開致します。

 

癒しフェアinTOKYO

出演者情報

山本竜隆

山本竜隆

“自然欠乏症候群”の処方箋を提供
アジア初、ワイルの統合医療修了医師

医師・医学博士、富士山静養園園主

やまもと たつたか

 

聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。
米国アリゾナ大学医学部統合医療(Integrative medicine)Associate Fellow(2000年~2002年)修了。
タニクリニック副院長(東京・日比谷)、聖マリアンナ医科大学予防医学助手、統合医療ビレッジ総院長(東京・四谷)、中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・統括産業医などを経て現職。富士山麓のレイライン上にリトリートを開設。

 

【役職ほか】
昭和大学医学部非常勤講師 聖マリアンナ医科大学非常勤講師
日本東方医療振興財団理事、日本東方医学会学術委員・中医専門医
日本人間ドック学会認定専門医、日本医師会認定産業医
日本統合医療学会指導医・評議員
日本ホリスティック医学協会理事、日本メディカルハーブ協会理事
日本東洋医学会認定専門医、日本ホメオパシー医学会理事・認定医

 

【著書(共著含む)・監修など】
「統合医療のすすめ」(東京堂出版)
「イタリアンテルメ」(エルゼビア・ジャパン)
「統合医療運営マニュアル」(現代企画)
「ホリスティック家庭の医学療法」(ガイアブックス)
「365日のアロマレシピ」(永岡書店)
「統合医療理論と実践」(日本統合医療学会)
「統合医療とは何か?が、わかる本」(ほんの木)
「自然欠乏症候群」ワニブックス
「食べもので”体の不調”を治す本」 アスコム
「スピリチュアリティと医療・健康」ビイング・ネット・プレスなど多数

 

①今やっていること
アリゾナ大学医学部統合医療プログラムのアソシエイトフェローをアジアで最初に修了し、日本人に適した養生や癒しを探求してきました。その結果、富士山麓 の20000坪の湧水や自然林に恵まれた敷地にて、滞在・体感型施設「富士山静養園」を構築するに至りました。麓で滞行う滞在プログラムの共同企画も進め ていますのでお声かけください。また富士山静養園と並行して、オーソドックスな地域医療も行っています。このエリアの価値創造、ブランディングも目指して いきます。

 

②富士山静養園の設立経緯
健康的に過ごすには? 人が癒されるとは?
医師として、一個人として、その答えは、自然環境、そして自分を見つめる環境でした。
良い水、良い食、良い空気があり、そして自分自身を見つめなおす時間と空間、さらに自然に生かされているという立場を認識してこそ、人は癒され、健康を維持できるのではないかと思うからです。
国内外のみなさまに、霊峰富士山と長閑な日本の里山、湧水に囲まれた環境でのひと時と、日本そして、この地域ならではの食を通して、そのような気づきや体感をしていただければと願っています。

 

③統合医療的にマイヒーリングをつくる
さて、自分に合った癒しの手段、あなたはいくつお持ちですか?
様々なセラピーやセラピスト、施術家、人によっては趣味、健康食品など、そして“場”があると思います。自分に合った癒しの手段・方法を多角的に持つことで、オーダーメイドの癒し、コーディネイトされたな養生法を構築することができると思います。
また近年になって指摘されている「自然欠乏症候群」への処方箋は、自然の中で過ごし、自然と調和し、自分を見つめなおすこととも言われています。
日常できること、スポットでできるリセット方法をご提案・ご紹介していきます。

 

富士山静養園
http://mt.fuji-seiyoen.com

 

朝霧高原診療所
http://www.asagiri-kogen-clinic.com/

医師・医学博士、富士山静養園園主・ 山本竜隆先生「癒しフェア2017 in TOKYO」出演決定しました!!

【無料講演】詳細が決定次第公開致します。

 

一覧を見る

ゲスト

山本竜隆

山本竜隆

“自然欠乏症候群”の処方箋を提供
アジア初、ワイルの統合医療修了医師

医師・医学博士、富士山静養園園主

やまもと たつたか

 

聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。
米国アリゾナ大学医学部統合医療(Integrative medicine)Associate Fellow(2000年~2002年)修了。
タニクリニック副院長(東京・日比谷)、聖マリアンナ医科大学予防医学助手、統合医療ビレッジ総院長(東京・四谷)、中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・統括産業医などを経て現職。富士山麓のレイライン上にリトリートを開設。

 

【役職ほか】
昭和大学医学部非常勤講師 聖マリアンナ医科大学非常勤講師
日本東方医療振興財団理事、日本東方医学会学術委員・中医専門医
日本人間ドック学会認定専門医、日本医師会認定産業医
日本統合医療学会指導医・評議員
日本ホリスティック医学協会理事、日本メディカルハーブ協会理事
日本東洋医学会認定専門医、日本ホメオパシー医学会理事・認定医

 

【著書(共著含む)・監修など】
「統合医療のすすめ」(東京堂出版)
「イタリアンテルメ」(エルゼビア・ジャパン)
「統合医療運営マニュアル」(現代企画)
「ホリスティック家庭の医学療法」(ガイアブックス)
「365日のアロマレシピ」(永岡書店)
「統合医療理論と実践」(日本統合医療学会)
「統合医療とは何か?が、わかる本」(ほんの木)
「自然欠乏症候群」ワニブックス
「食べもので”体の不調”を治す本」 アスコム
「スピリチュアリティと医療・健康」ビイング・ネット・プレスなど多数

 

①今やっていること
アリゾナ大学医学部統合医療プログラムのアソシエイトフェローをアジアで最初に修了し、日本人に適した養生や癒しを探求してきました。その結果、富士山麓 の20000坪の湧水や自然林に恵まれた敷地にて、滞在・体感型施設「富士山静養園」を構築するに至りました。麓で滞行う滞在プログラムの共同企画も進め ていますのでお声かけください。また富士山静養園と並行して、オーソドックスな地域医療も行っています。このエリアの価値創造、ブランディングも目指して いきます。

 

②富士山静養園の設立経緯
健康的に過ごすには? 人が癒されるとは?
医師として、一個人として、その答えは、自然環境、そして自分を見つめる環境でした。
良い水、良い食、良い空気があり、そして自分自身を見つめなおす時間と空間、さらに自然に生かされているという立場を認識してこそ、人は癒され、健康を維持できるのではないかと思うからです。
国内外のみなさまに、霊峰富士山と長閑な日本の里山、湧水に囲まれた環境でのひと時と、日本そして、この地域ならではの食を通して、そのような気づきや体感をしていただければと願っています。

 

③統合医療的にマイヒーリングをつくる
さて、自分に合った癒しの手段、あなたはいくつお持ちですか?
様々なセラピーやセラピスト、施術家、人によっては趣味、健康食品など、そして“場”があると思います。自分に合った癒しの手段・方法を多角的に持つことで、オーダーメイドの癒し、コーディネイトされたな養生法を構築することができると思います。
また近年になって指摘されている「自然欠乏症候群」への処方箋は、自然の中で過ごし、自然と調和し、自分を見つめなおすこととも言われています。
日常できること、スポットでできるリセット方法をご提案・ご紹介していきます。

 

富士山静養園
http://mt.fuji-seiyoen.com

 

朝霧高原診療所
http://www.asagiri-kogen-clinic.com/

医師・医学博士、富士山静養園園主・ 山本竜隆先生「癒しフェア2017 in TOKYO」出演決定しました!!

【無料講演】詳細が決定次第公開致します。