HOME >> 癒しフェアTOKYO
instagram

出演者情報

伊東 はなん

伊東 はなん

ペットと話せるようになる動物対話を日本に広めるパイオニア

一般社団法人動物対話協会 代表理事

【無料講演】8/4(土)11:00~12:00日程

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】

 

一般社団法人動物対話協会 代表理事
動物対話士(R)
動物法務士(R)
一社)心とカラダの食育協会認定ファスティングインストラクター
現代レイキマスター

 

東京都出身。
通訳したクライアントのペットたちの数は2万頭以上。
日本で最初の「講師自らがペットとの対話を教えに全国を歩く」最初のアニマルコミュニケーター(当時)でもある。2007年の初開講以来1000人以上の受講生を輩出。

ペットの通訳のみならず、独自のカウンセリング技術から編み出された質問はペットと飼い主様両者への幸せの道しるべとなり、その技術を惜しげもなく講座で全公開する姿勢にファンは後を絶たない。
テレパシーに頼らない動物対話で短時間の間に数々の奇跡を起こす「はなんマジック」や、ペットの通訳なんてできて当然!という信念は、見えない世界とは無縁で育った自身の体験によるもの。

その一方で、亡くなったペットの通訳も得意としており、死後経過年数やセッション回数は一切不問で個人セッションを受け付ける。何度セッションを受けても生まれ変わりの邪魔はしない技術を持つ。
大切なうちの子がまさに目の前にいるような描写力で飼い主様をペットロスから救い上げる個人セッションは、伊東はなんの真骨頂。

普段は犬2頭・猫3匹と暮らすかたわら、味噌・梅干し・酵素ドリンクなどを作る。
2018年はぬか漬けにチャレンジするのが目標。

 

<主な活動>(順不同)
著書:
うちの子きずなノート(内外出版)

 

講演:
癒しフェアin九州様、週末起業フォーラム様、(株)プロアクティブ様、染宮教育総研株式会社様 他

 

執筆:
ドッグフードメーカー会員向け情報誌、沖縄県動物保護支援団体発行機関紙 等

 

テレビ・ラジオ出演:
矢口真理のカミダの実(K’sステーション@インターネットTV)、つんつべ♂バク音(東京MXTV)、なぜそこ(TV朝日)、韓国MBCテレビ、エフエム東京、エフエムなんじょう(沖縄)、エフエムカオン(神奈川) 他

 

講演会:
北海道、仙台、東京、千葉、神奈川、静岡、名古屋、大阪、神戸、福山、出雲、高松、福岡、熊本、沖縄 等

 

個人セッション:
日本全国(対面セッション、スカイプ、電話)、 海外:上海、香港、バリ、ベトナム、アメリカ、カナダ 等

 

その他:
・2011年4月〜10月(避難所閉鎖まで)福島県あづま総合運動公園にて毎月1回の定期ボランティアセッション

 

ホームページ
http://www.hanan.jp

フェイスブック
https://www.facebook.com/hanan.comm/

インターネットラジオゆめのたね東日本チャンネル
毎週月曜12:30〜「ペットのように愛されたい」
毎週土曜22:00〜「いい人いい話」
http://www.yumenotane.jp

【無料講演】「ペットと話して人生を100倍豊かにする方法」

ペットと話せると聞くと多くの方は怪しいスピリチュアルなものと受け取ります。
これはとても残念なこと。でもこれが昨今の日本の真実です。
本当に大事なことは見えないものを感じ取ることではなく、目の前のものをきちんと認識すること。これを見落としていると、見えないものに心を奪われてしまい、本質を見失います。
動物対話は「まず現実ありき」からスタートすることから始めます。
動物対話とは決して見えない世界の特殊技能ではなく、能力を伝授してもらうようなものでもないからです。

 

本当の意味でペットと話すということは、まったく当たり前の日常の中にちりばめられています。
ペットたちの声を一つずつ丁寧に拾っていくと、彼らがどんなに広い心で私たちと付き合ってくれているかが分かり、どんなにたくさんのことを見聞きしているかに驚かされます。

 

講演ではテレパシーを使わない動物対話の方法についてお話しする予定です。
ペットが言葉を覚える仕組みとお返事の読み取り方を理解できれば、彼らとの対話は実はとても簡単だったことがわかります。
そして、ペットと言われる彼らがなぜ私たちと暮らすか、縁の持つ不思議な力にまで迫ります。

 

動物対話は、いわゆる「しつけ」や「訓練」とは一線を画すものです。
動物対話はすべてのペットたちを擬人化するところから始めます。
今までしつけがうまくいかなかった方は、ぜひ動物対話の考え方を取り入れてみてください。

 

さらに時間の許す限り、ペットの死生観についても触れてみたいと思っています。
ペットの死は「死んじゃった」ではなく「死ねた」という意味を持ち、この世からの卒業というおめでたいことです。
ペットさんの死を思うとつらくてつらくて…という方には強くお勧めしたいお話しです。

 

この講演が終わった直後から、あなたの人生がどれほど豊かで恵まれているかを知ることになるでしょう。

 

日時:8/4(土)11:00~12:00

参加料:無料

 

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL.03-6459-3003

一覧を見る

ゲスト

伊東 はなん

伊東 はなん

ペットと話せるようになる動物対話を日本に広めるパイオニア

一般社団法人動物対話協会 代表理事

【無料講演】8/4(土)11:00~12:00日程

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】

 

一般社団法人動物対話協会 代表理事
動物対話士(R)
動物法務士(R)
一社)心とカラダの食育協会認定ファスティングインストラクター
現代レイキマスター

 

東京都出身。
通訳したクライアントのペットたちの数は2万頭以上。
日本で最初の「講師自らがペットとの対話を教えに全国を歩く」最初のアニマルコミュニケーター(当時)でもある。2007年の初開講以来1000人以上の受講生を輩出。

ペットの通訳のみならず、独自のカウンセリング技術から編み出された質問はペットと飼い主様両者への幸せの道しるべとなり、その技術を惜しげもなく講座で全公開する姿勢にファンは後を絶たない。
テレパシーに頼らない動物対話で短時間の間に数々の奇跡を起こす「はなんマジック」や、ペットの通訳なんてできて当然!という信念は、見えない世界とは無縁で育った自身の体験によるもの。

その一方で、亡くなったペットの通訳も得意としており、死後経過年数やセッション回数は一切不問で個人セッションを受け付ける。何度セッションを受けても生まれ変わりの邪魔はしない技術を持つ。
大切なうちの子がまさに目の前にいるような描写力で飼い主様をペットロスから救い上げる個人セッションは、伊東はなんの真骨頂。

普段は犬2頭・猫3匹と暮らすかたわら、味噌・梅干し・酵素ドリンクなどを作る。
2018年はぬか漬けにチャレンジするのが目標。

 

<主な活動>(順不同)
著書:
うちの子きずなノート(内外出版)

 

講演:
癒しフェアin九州様、週末起業フォーラム様、(株)プロアクティブ様、染宮教育総研株式会社様 他

 

執筆:
ドッグフードメーカー会員向け情報誌、沖縄県動物保護支援団体発行機関紙 等

 

テレビ・ラジオ出演:
矢口真理のカミダの実(K’sステーション@インターネットTV)、つんつべ♂バク音(東京MXTV)、なぜそこ(TV朝日)、韓国MBCテレビ、エフエム東京、エフエムなんじょう(沖縄)、エフエムカオン(神奈川) 他

 

講演会:
北海道、仙台、東京、千葉、神奈川、静岡、名古屋、大阪、神戸、福山、出雲、高松、福岡、熊本、沖縄 等

 

個人セッション:
日本全国(対面セッション、スカイプ、電話)、 海外:上海、香港、バリ、ベトナム、アメリカ、カナダ 等

 

その他:
・2011年4月〜10月(避難所閉鎖まで)福島県あづま総合運動公園にて毎月1回の定期ボランティアセッション

 

ホームページ
http://www.hanan.jp

フェイスブック
https://www.facebook.com/hanan.comm/

インターネットラジオゆめのたね東日本チャンネル
毎週月曜12:30〜「ペットのように愛されたい」
毎週土曜22:00〜「いい人いい話」
http://www.yumenotane.jp

【無料講演】「ペットと話して人生を100倍豊かにする方法」

ペットと話せると聞くと多くの方は怪しいスピリチュアルなものと受け取ります。
これはとても残念なこと。でもこれが昨今の日本の真実です。
本当に大事なことは見えないものを感じ取ることではなく、目の前のものをきちんと認識すること。これを見落としていると、見えないものに心を奪われてしまい、本質を見失います。
動物対話は「まず現実ありき」からスタートすることから始めます。
動物対話とは決して見えない世界の特殊技能ではなく、能力を伝授してもらうようなものでもないからです。

 

本当の意味でペットと話すということは、まったく当たり前の日常の中にちりばめられています。
ペットたちの声を一つずつ丁寧に拾っていくと、彼らがどんなに広い心で私たちと付き合ってくれているかが分かり、どんなにたくさんのことを見聞きしているかに驚かされます。

 

講演ではテレパシーを使わない動物対話の方法についてお話しする予定です。
ペットが言葉を覚える仕組みとお返事の読み取り方を理解できれば、彼らとの対話は実はとても簡単だったことがわかります。
そして、ペットと言われる彼らがなぜ私たちと暮らすか、縁の持つ不思議な力にまで迫ります。

 

動物対話は、いわゆる「しつけ」や「訓練」とは一線を画すものです。
動物対話はすべてのペットたちを擬人化するところから始めます。
今までしつけがうまくいかなかった方は、ぜひ動物対話の考え方を取り入れてみてください。

 

さらに時間の許す限り、ペットの死生観についても触れてみたいと思っています。
ペットの死は「死んじゃった」ではなく「死ねた」という意味を持ち、この世からの卒業というおめでたいことです。
ペットさんの死を思うとつらくてつらくて…という方には強くお勧めしたいお話しです。

 

この講演が終わった直後から、あなたの人生がどれほど豊かで恵まれているかを知ることになるでしょう。

 

日時:8/4(土)11:00~12:00

参加料:無料

 

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL.03-6459-3003

  • TOKYO
  • OSAKA
  • KYOSHU

ワークショップ

ワークショップ

癒しフェアinTOKYO

出演者情報

伊東 はなん

伊東 はなん

ペットと話せるようになる動物対話を日本に広めるパイオニア

一般社団法人動物対話協会 代表理事

【無料講演】8/4(土)11:00~12:00日程

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】

 

一般社団法人動物対話協会 代表理事
動物対話士(R)
動物法務士(R)
一社)心とカラダの食育協会認定ファスティングインストラクター
現代レイキマスター

 

東京都出身。
通訳したクライアントのペットたちの数は2万頭以上。
日本で最初の「講師自らがペットとの対話を教えに全国を歩く」最初のアニマルコミュニケーター(当時)でもある。2007年の初開講以来1000人以上の受講生を輩出。

ペットの通訳のみならず、独自のカウンセリング技術から編み出された質問はペットと飼い主様両者への幸せの道しるべとなり、その技術を惜しげもなく講座で全公開する姿勢にファンは後を絶たない。
テレパシーに頼らない動物対話で短時間の間に数々の奇跡を起こす「はなんマジック」や、ペットの通訳なんてできて当然!という信念は、見えない世界とは無縁で育った自身の体験によるもの。

その一方で、亡くなったペットの通訳も得意としており、死後経過年数やセッション回数は一切不問で個人セッションを受け付ける。何度セッションを受けても生まれ変わりの邪魔はしない技術を持つ。
大切なうちの子がまさに目の前にいるような描写力で飼い主様をペットロスから救い上げる個人セッションは、伊東はなんの真骨頂。

普段は犬2頭・猫3匹と暮らすかたわら、味噌・梅干し・酵素ドリンクなどを作る。
2018年はぬか漬けにチャレンジするのが目標。

 

<主な活動>(順不同)
著書:
うちの子きずなノート(内外出版)

 

講演:
癒しフェアin九州様、週末起業フォーラム様、(株)プロアクティブ様、染宮教育総研株式会社様 他

 

執筆:
ドッグフードメーカー会員向け情報誌、沖縄県動物保護支援団体発行機関紙 等

 

テレビ・ラジオ出演:
矢口真理のカミダの実(K’sステーション@インターネットTV)、つんつべ♂バク音(東京MXTV)、なぜそこ(TV朝日)、韓国MBCテレビ、エフエム東京、エフエムなんじょう(沖縄)、エフエムカオン(神奈川) 他

 

講演会:
北海道、仙台、東京、千葉、神奈川、静岡、名古屋、大阪、神戸、福山、出雲、高松、福岡、熊本、沖縄 等

 

個人セッション:
日本全国(対面セッション、スカイプ、電話)、 海外:上海、香港、バリ、ベトナム、アメリカ、カナダ 等

 

その他:
・2011年4月〜10月(避難所閉鎖まで)福島県あづま総合運動公園にて毎月1回の定期ボランティアセッション

 

ホームページ
http://www.hanan.jp

フェイスブック
https://www.facebook.com/hanan.comm/

インターネットラジオゆめのたね東日本チャンネル
毎週月曜12:30〜「ペットのように愛されたい」
毎週土曜22:00〜「いい人いい話」
http://www.yumenotane.jp

【無料講演】「ペットと話して人生を100倍豊かにする方法」

ペットと話せると聞くと多くの方は怪しいスピリチュアルなものと受け取ります。
これはとても残念なこと。でもこれが昨今の日本の真実です。
本当に大事なことは見えないものを感じ取ることではなく、目の前のものをきちんと認識すること。これを見落としていると、見えないものに心を奪われてしまい、本質を見失います。
動物対話は「まず現実ありき」からスタートすることから始めます。
動物対話とは決して見えない世界の特殊技能ではなく、能力を伝授してもらうようなものでもないからです。

 

本当の意味でペットと話すということは、まったく当たり前の日常の中にちりばめられています。
ペットたちの声を一つずつ丁寧に拾っていくと、彼らがどんなに広い心で私たちと付き合ってくれているかが分かり、どんなにたくさんのことを見聞きしているかに驚かされます。

 

講演ではテレパシーを使わない動物対話の方法についてお話しする予定です。
ペットが言葉を覚える仕組みとお返事の読み取り方を理解できれば、彼らとの対話は実はとても簡単だったことがわかります。
そして、ペットと言われる彼らがなぜ私たちと暮らすか、縁の持つ不思議な力にまで迫ります。

 

動物対話は、いわゆる「しつけ」や「訓練」とは一線を画すものです。
動物対話はすべてのペットたちを擬人化するところから始めます。
今までしつけがうまくいかなかった方は、ぜひ動物対話の考え方を取り入れてみてください。

 

さらに時間の許す限り、ペットの死生観についても触れてみたいと思っています。
ペットの死は「死んじゃった」ではなく「死ねた」という意味を持ち、この世からの卒業というおめでたいことです。
ペットさんの死を思うとつらくてつらくて…という方には強くお勧めしたいお話しです。

 

この講演が終わった直後から、あなたの人生がどれほど豊かで恵まれているかを知ることになるでしょう。

 

日時:8/4(土)11:00~12:00

参加料:無料

 

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL.03-6459-3003

一覧を見る

ゲスト

伊東 はなん

伊東 はなん

ペットと話せるようになる動物対話を日本に広めるパイオニア

一般社団法人動物対話協会 代表理事

【無料講演】8/4(土)11:00~12:00日程

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】

 

一般社団法人動物対話協会 代表理事
動物対話士(R)
動物法務士(R)
一社)心とカラダの食育協会認定ファスティングインストラクター
現代レイキマスター

 

東京都出身。
通訳したクライアントのペットたちの数は2万頭以上。
日本で最初の「講師自らがペットとの対話を教えに全国を歩く」最初のアニマルコミュニケーター(当時)でもある。2007年の初開講以来1000人以上の受講生を輩出。

ペットの通訳のみならず、独自のカウンセリング技術から編み出された質問はペットと飼い主様両者への幸せの道しるべとなり、その技術を惜しげもなく講座で全公開する姿勢にファンは後を絶たない。
テレパシーに頼らない動物対話で短時間の間に数々の奇跡を起こす「はなんマジック」や、ペットの通訳なんてできて当然!という信念は、見えない世界とは無縁で育った自身の体験によるもの。

その一方で、亡くなったペットの通訳も得意としており、死後経過年数やセッション回数は一切不問で個人セッションを受け付ける。何度セッションを受けても生まれ変わりの邪魔はしない技術を持つ。
大切なうちの子がまさに目の前にいるような描写力で飼い主様をペットロスから救い上げる個人セッションは、伊東はなんの真骨頂。

普段は犬2頭・猫3匹と暮らすかたわら、味噌・梅干し・酵素ドリンクなどを作る。
2018年はぬか漬けにチャレンジするのが目標。

 

<主な活動>(順不同)
著書:
うちの子きずなノート(内外出版)

 

講演:
癒しフェアin九州様、週末起業フォーラム様、(株)プロアクティブ様、染宮教育総研株式会社様 他

 

執筆:
ドッグフードメーカー会員向け情報誌、沖縄県動物保護支援団体発行機関紙 等

 

テレビ・ラジオ出演:
矢口真理のカミダの実(K’sステーション@インターネットTV)、つんつべ♂バク音(東京MXTV)、なぜそこ(TV朝日)、韓国MBCテレビ、エフエム東京、エフエムなんじょう(沖縄)、エフエムカオン(神奈川) 他

 

講演会:
北海道、仙台、東京、千葉、神奈川、静岡、名古屋、大阪、神戸、福山、出雲、高松、福岡、熊本、沖縄 等

 

個人セッション:
日本全国(対面セッション、スカイプ、電話)、 海外:上海、香港、バリ、ベトナム、アメリカ、カナダ 等

 

その他:
・2011年4月〜10月(避難所閉鎖まで)福島県あづま総合運動公園にて毎月1回の定期ボランティアセッション

 

ホームページ
http://www.hanan.jp

フェイスブック
https://www.facebook.com/hanan.comm/

インターネットラジオゆめのたね東日本チャンネル
毎週月曜12:30〜「ペットのように愛されたい」
毎週土曜22:00〜「いい人いい話」
http://www.yumenotane.jp

【無料講演】「ペットと話して人生を100倍豊かにする方法」

ペットと話せると聞くと多くの方は怪しいスピリチュアルなものと受け取ります。
これはとても残念なこと。でもこれが昨今の日本の真実です。
本当に大事なことは見えないものを感じ取ることではなく、目の前のものをきちんと認識すること。これを見落としていると、見えないものに心を奪われてしまい、本質を見失います。
動物対話は「まず現実ありき」からスタートすることから始めます。
動物対話とは決して見えない世界の特殊技能ではなく、能力を伝授してもらうようなものでもないからです。

 

本当の意味でペットと話すということは、まったく当たり前の日常の中にちりばめられています。
ペットたちの声を一つずつ丁寧に拾っていくと、彼らがどんなに広い心で私たちと付き合ってくれているかが分かり、どんなにたくさんのことを見聞きしているかに驚かされます。

 

講演ではテレパシーを使わない動物対話の方法についてお話しする予定です。
ペットが言葉を覚える仕組みとお返事の読み取り方を理解できれば、彼らとの対話は実はとても簡単だったことがわかります。
そして、ペットと言われる彼らがなぜ私たちと暮らすか、縁の持つ不思議な力にまで迫ります。

 

動物対話は、いわゆる「しつけ」や「訓練」とは一線を画すものです。
動物対話はすべてのペットたちを擬人化するところから始めます。
今までしつけがうまくいかなかった方は、ぜひ動物対話の考え方を取り入れてみてください。

 

さらに時間の許す限り、ペットの死生観についても触れてみたいと思っています。
ペットの死は「死んじゃった」ではなく「死ねた」という意味を持ち、この世からの卒業というおめでたいことです。
ペットさんの死を思うとつらくてつらくて…という方には強くお勧めしたいお話しです。

 

この講演が終わった直後から、あなたの人生がどれほど豊かで恵まれているかを知ることになるでしょう。

 

日時:8/4(土)11:00~12:00

参加料:無料

 

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL.03-6459-3003