HOME >> 癒しフェアTOKYO
instagram

出演者情報

御川安仁

御川安仁

救急現場で3万人を治療。その後、
予防医療、薬を使わない治療へシフト
丁寧な診療が大好評の統合医療専門医

医師、医学博士、ナチュラルアート クリニック院長

【無料講演】8/5(日)10:15〜11:00日程

【御川安仁/プロフィール】

子供時代から宇宙物理学者か、心霊(魂)研究家になりたかったが、周囲の勧めに流され医学部に進む。

医師国家試験の直前に「阪神大震災」と「地下鉄サリン事件」に遭遇し、緊急時に対応できる医者になりたいと決意し、当時の母校では唯一災害医療に対応できる科であった岡山大学麻酔蘇生学教室に入局。

あらゆる薬剤やテクニックを用いて「人間の生理機能を意図的にコントロールする」ことで「体を守る」医療を習得。後に、DMAT(災害派遣医療援助チーム)のリーダーとして東日本大震災に出動することとなる。

平成16年、救急医療を極め、救急医療を専門的に行うため岡山から東京に出て来た頃には、「どんな重症な患者も治せる」、「さらに最高の医療が提供できる」そんな自惚れを持つようになる。

そんな中、何日も病院に泊まり込み、重症患者さん一人一人を救うため、身を粉にして頑張り続けるも「自分の一生のうちで何人の命が救えるのだろうか…。」と悩むようになり、手術や薬を駆使して治療を行う中、「もしこの薬が存在しなければ医師には何が出来るのだろう・・・何も出来ないんじゃないか?」という医師としてのアイデンティティーにも疑問を持つようになりジレンマに陥る。

そんな折、数年前に上司から「“この患者さんは自分が助けた”とか自惚れちゃダメだぞ。我々は患者さんが治ろうとしているのを手伝わせてもらっているだけなんだから。」と言われ、「そうだ!病気は患者さん自身で治せるんだ!」と覚り、病気を治すには、病気を予防するには「救急外来(ER)に来てしまってからでは遅い」という当たり前のことに気がつく。

平成17年より「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」という手段としてあらゆる補完代替医療を学び、これまで学んできたことの集大成として、平成27年にナチュラルアートクリニックを千代田区にオープン。

救急、麻酔科指導、集中治療の専門医として、またペインクリニシャンとして、重症、軽症を問わず治療の最前線に立ち、入院後から退院までのケア、その全てにたずさわってきた経験を活かし、現在は統合医療専門医として一人ひとりの患者さんとの時間を大切に、親切丁寧な診療を心掛け、好評を得ている。

ナチュラルアート クリニック
http://naturalartclinic.com/

Dr.御川安仁の公式メールマガジン『健康の真(新)常識』
http://naturalartclinic.com/mailmagazine/

【無料講演】思考、感情と病気の関連・予防、最新のがん予防法

麻酔・救急医療などを中心に研鑽を重ねた御川安仁医師は、「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」手段として様々な補完代替医療を探求し、一人ひとりに合わせたきめ細やかなトータルケア行っています。思考、感情と病気の関連・予防についてと最新のがん予防法をお話しいただきます。

日程:8月5日(日)
時間:10:15-11:00
参加費:無料

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL: 03-6459-3003

一覧を見る

ゲスト

御川安仁

御川安仁

救急現場で3万人を治療。その後、
予防医療、薬を使わない治療へシフト
丁寧な診療が大好評の統合医療専門医

医師、医学博士、ナチュラルアート クリニック院長

【無料講演】8/5(日)10:15〜11:00日程

【御川安仁/プロフィール】

子供時代から宇宙物理学者か、心霊(魂)研究家になりたかったが、周囲の勧めに流され医学部に進む。

医師国家試験の直前に「阪神大震災」と「地下鉄サリン事件」に遭遇し、緊急時に対応できる医者になりたいと決意し、当時の母校では唯一災害医療に対応できる科であった岡山大学麻酔蘇生学教室に入局。

あらゆる薬剤やテクニックを用いて「人間の生理機能を意図的にコントロールする」ことで「体を守る」医療を習得。後に、DMAT(災害派遣医療援助チーム)のリーダーとして東日本大震災に出動することとなる。

平成16年、救急医療を極め、救急医療を専門的に行うため岡山から東京に出て来た頃には、「どんな重症な患者も治せる」、「さらに最高の医療が提供できる」そんな自惚れを持つようになる。

そんな中、何日も病院に泊まり込み、重症患者さん一人一人を救うため、身を粉にして頑張り続けるも「自分の一生のうちで何人の命が救えるのだろうか…。」と悩むようになり、手術や薬を駆使して治療を行う中、「もしこの薬が存在しなければ医師には何が出来るのだろう・・・何も出来ないんじゃないか?」という医師としてのアイデンティティーにも疑問を持つようになりジレンマに陥る。

そんな折、数年前に上司から「“この患者さんは自分が助けた”とか自惚れちゃダメだぞ。我々は患者さんが治ろうとしているのを手伝わせてもらっているだけなんだから。」と言われ、「そうだ!病気は患者さん自身で治せるんだ!」と覚り、病気を治すには、病気を予防するには「救急外来(ER)に来てしまってからでは遅い」という当たり前のことに気がつく。

平成17年より「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」という手段としてあらゆる補完代替医療を学び、これまで学んできたことの集大成として、平成27年にナチュラルアートクリニックを千代田区にオープン。

救急、麻酔科指導、集中治療の専門医として、またペインクリニシャンとして、重症、軽症を問わず治療の最前線に立ち、入院後から退院までのケア、その全てにたずさわってきた経験を活かし、現在は統合医療専門医として一人ひとりの患者さんとの時間を大切に、親切丁寧な診療を心掛け、好評を得ている。

ナチュラルアート クリニック
http://naturalartclinic.com/

Dr.御川安仁の公式メールマガジン『健康の真(新)常識』
http://naturalartclinic.com/mailmagazine/

【無料講演】思考、感情と病気の関連・予防、最新のがん予防法

麻酔・救急医療などを中心に研鑽を重ねた御川安仁医師は、「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」手段として様々な補完代替医療を探求し、一人ひとりに合わせたきめ細やかなトータルケア行っています。思考、感情と病気の関連・予防についてと最新のがん予防法をお話しいただきます。

日程:8月5日(日)
時間:10:15-11:00
参加費:無料

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL: 03-6459-3003

  • TOKYO
  • OSAKA
  • KYOSHU

ワークショップ

ワークショップ

癒しフェアinTOKYO

出演者情報

御川安仁

御川安仁

救急現場で3万人を治療。その後、
予防医療、薬を使わない治療へシフト
丁寧な診療が大好評の統合医療専門医

医師、医学博士、ナチュラルアート クリニック院長

【無料講演】8/5(日)10:15〜11:00日程

【御川安仁/プロフィール】

子供時代から宇宙物理学者か、心霊(魂)研究家になりたかったが、周囲の勧めに流され医学部に進む。

医師国家試験の直前に「阪神大震災」と「地下鉄サリン事件」に遭遇し、緊急時に対応できる医者になりたいと決意し、当時の母校では唯一災害医療に対応できる科であった岡山大学麻酔蘇生学教室に入局。

あらゆる薬剤やテクニックを用いて「人間の生理機能を意図的にコントロールする」ことで「体を守る」医療を習得。後に、DMAT(災害派遣医療援助チーム)のリーダーとして東日本大震災に出動することとなる。

平成16年、救急医療を極め、救急医療を専門的に行うため岡山から東京に出て来た頃には、「どんな重症な患者も治せる」、「さらに最高の医療が提供できる」そんな自惚れを持つようになる。

そんな中、何日も病院に泊まり込み、重症患者さん一人一人を救うため、身を粉にして頑張り続けるも「自分の一生のうちで何人の命が救えるのだろうか…。」と悩むようになり、手術や薬を駆使して治療を行う中、「もしこの薬が存在しなければ医師には何が出来るのだろう・・・何も出来ないんじゃないか?」という医師としてのアイデンティティーにも疑問を持つようになりジレンマに陥る。

そんな折、数年前に上司から「“この患者さんは自分が助けた”とか自惚れちゃダメだぞ。我々は患者さんが治ろうとしているのを手伝わせてもらっているだけなんだから。」と言われ、「そうだ!病気は患者さん自身で治せるんだ!」と覚り、病気を治すには、病気を予防するには「救急外来(ER)に来てしまってからでは遅い」という当たり前のことに気がつく。

平成17年より「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」という手段としてあらゆる補完代替医療を学び、これまで学んできたことの集大成として、平成27年にナチュラルアートクリニックを千代田区にオープン。

救急、麻酔科指導、集中治療の専門医として、またペインクリニシャンとして、重症、軽症を問わず治療の最前線に立ち、入院後から退院までのケア、その全てにたずさわってきた経験を活かし、現在は統合医療専門医として一人ひとりの患者さんとの時間を大切に、親切丁寧な診療を心掛け、好評を得ている。

ナチュラルアート クリニック
http://naturalartclinic.com/

Dr.御川安仁の公式メールマガジン『健康の真(新)常識』
http://naturalartclinic.com/mailmagazine/

【無料講演】思考、感情と病気の関連・予防、最新のがん予防法

麻酔・救急医療などを中心に研鑽を重ねた御川安仁医師は、「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」手段として様々な補完代替医療を探求し、一人ひとりに合わせたきめ細やかなトータルケア行っています。思考、感情と病気の関連・予防についてと最新のがん予防法をお話しいただきます。

日程:8月5日(日)
時間:10:15-11:00
参加費:無料

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL: 03-6459-3003

一覧を見る

ゲスト

御川安仁

御川安仁

救急現場で3万人を治療。その後、
予防医療、薬を使わない治療へシフト
丁寧な診療が大好評の統合医療専門医

医師、医学博士、ナチュラルアート クリニック院長

【無料講演】8/5(日)10:15〜11:00日程

【御川安仁/プロフィール】

子供時代から宇宙物理学者か、心霊(魂)研究家になりたかったが、周囲の勧めに流され医学部に進む。

医師国家試験の直前に「阪神大震災」と「地下鉄サリン事件」に遭遇し、緊急時に対応できる医者になりたいと決意し、当時の母校では唯一災害医療に対応できる科であった岡山大学麻酔蘇生学教室に入局。

あらゆる薬剤やテクニックを用いて「人間の生理機能を意図的にコントロールする」ことで「体を守る」医療を習得。後に、DMAT(災害派遣医療援助チーム)のリーダーとして東日本大震災に出動することとなる。

平成16年、救急医療を極め、救急医療を専門的に行うため岡山から東京に出て来た頃には、「どんな重症な患者も治せる」、「さらに最高の医療が提供できる」そんな自惚れを持つようになる。

そんな中、何日も病院に泊まり込み、重症患者さん一人一人を救うため、身を粉にして頑張り続けるも「自分の一生のうちで何人の命が救えるのだろうか…。」と悩むようになり、手術や薬を駆使して治療を行う中、「もしこの薬が存在しなければ医師には何が出来るのだろう・・・何も出来ないんじゃないか?」という医師としてのアイデンティティーにも疑問を持つようになりジレンマに陥る。

そんな折、数年前に上司から「“この患者さんは自分が助けた”とか自惚れちゃダメだぞ。我々は患者さんが治ろうとしているのを手伝わせてもらっているだけなんだから。」と言われ、「そうだ!病気は患者さん自身で治せるんだ!」と覚り、病気を治すには、病気を予防するには「救急外来(ER)に来てしまってからでは遅い」という当たり前のことに気がつく。

平成17年より「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」という手段としてあらゆる補完代替医療を学び、これまで学んできたことの集大成として、平成27年にナチュラルアートクリニックを千代田区にオープン。

救急、麻酔科指導、集中治療の専門医として、またペインクリニシャンとして、重症、軽症を問わず治療の最前線に立ち、入院後から退院までのケア、その全てにたずさわってきた経験を活かし、現在は統合医療専門医として一人ひとりの患者さんとの時間を大切に、親切丁寧な診療を心掛け、好評を得ている。

ナチュラルアート クリニック
http://naturalartclinic.com/

Dr.御川安仁の公式メールマガジン『健康の真(新)常識』
http://naturalartclinic.com/mailmagazine/

【無料講演】思考、感情と病気の関連・予防、最新のがん予防法

麻酔・救急医療などを中心に研鑽を重ねた御川安仁医師は、「病気にならないようにする、できるだけ薬を使わずに治療する」手段として様々な補完代替医療を探求し、一人ひとりに合わせたきめ細やかなトータルケア行っています。思考、感情と病気の関連・予防についてと最新のがん予防法をお話しいただきます。

日程:8月5日(日)
時間:10:15-11:00
参加費:無料

<お問い合わせ>
癒しフェア事務局
TEL: 03-6459-3003